ものすごく真面目に自分のあだ名について考えてみた

twitter運営

どうもみなさんこんにちわ、こんばんわ、おはようございます。粟井理菜、もとい、りーな(@rinappenape)です。

 

Twitterのアカウント名にしているあだ名をかえてみました。

りなっぺっていうのも気に入っているんですけど、

なんか可愛くない・・・笑

 

それで思い切ってツイッターの名前を変えてみました。

 

スポンサーリンク

名前を変えた理由

名前を変えたのには、理由があります。

りなっぺって、強そうじゃないですか?

私は以前強い女性になろうとしていた時期がありました。

 

頑張るわたし。強いわたし。

強い女性を演じようとして頑張り続けた。

 

まー、そこから頑張れなくなって、色々とあったんですけどね笑

その時期の流れを引きずっていたからこそ、

自然とりなっぺと呼ばれることになっていたのではないかな、なんて。

 

「りなっぺ」とは、

力強くて、近寄りがたいあだ名なのかな、って思うようになったんです。

 

りなっぺというあだ名を分析する

『ぱ・ぴ・ぷ・ぺ・ぽ』の音は上唇と下唇をくっつけてから放つ、破裂音です。

いくら優しく言おうとしても、破裂のパワーはすごく、力強い発音となります。

「りなっぺ」には破裂音がふくまれており、

しかもその破裂音の前に、ちいさい「つ」がはいっているではありませんか。

 

「ぺ」のパワーをより強調してしまいます。

 

なので、どうしても強い印象を生み出してしまうのです。

 

あだ名を柔らかい印象にしたい

そんな強いあだ名から強さを抜きたい。どうしても抜きたい。

それには『っぺ』の部分を取るしかありません。

 

『りな』

 

これじゃ自分の名前のまんまじゃないか!!!

結局本名ということで。

 

 

 

いやいや、まてまて。

あだ名の話なのに本名にしちゃうのはないでしょ。

 

そうこうするうちに、柔らかい印象ってどんなのだろう、と考えはじめました。

  • ふんわり
  • なめらか
  • まるい

こういったあたりでしょうか。

 

ふた文字の名前で、後ろにつけるものとなると、なぜかどれも強そうになる・・・

真ん中を伸ばすとどうだ?

 

『り〜な』

 

お!!!!愛情と茶目っ気を込めて彼氏に呼ばれた時のような甘さ!!!!

 

これは柔らかい印象なのでは!?

ということで、即採用しました。

まとめ 与えたい印象であだ名も慎重に選ぶべき

「りなっぺ」から『りーな』へ変更したあだ名。

どう呼ぶのかは、読者の方々次第なんですが、

もたれるイメージはかなり違うのではないでしょうか。

 

そういう特に意識しない、無意識レベルのところで

反応していることは多いです。

それは心理学的にもただしいのです。

 

無意識レベルで、どのような印象を届けるか。

そこまで送り手側は意識して作りこむのがいいのではないでしょうか。

 

 

今日からしばらく「りーな」で過ごしてみて、

反応を調べてみようと思います。

タイトルとURLをコピーしました